海外ドラマ-メンタリスト『シーズン2』重要回まとめてみました

ライフスタイル

シーズン1あらすじ

優れた洞察力と会話術を持った本作の主人公パトリック・ジェーン。彼はその才能でインチキまがいの霊能力者としてテレビに出演、才能に驕ったジェーンは番組中に、連続殺人鬼レッド・ジョンを挑発。その報いとしてレッド・ジョンに妻と娘を殺された。

失意のジェーンは、レッド・ジョンへの復讐を精神のよりどころに、CBI(カリフォルニア州捜査局)のコンサルタントとしてレッド・ジョンを捜索する。

前シーズンでは、レッド・ジョンの友人「オーバル・タナー」その息子ハーディー保安官の殺人を突き止め逮捕。彼はレッド・ジョンを知る貴重な手がかりであったが、連行中に警官の銃を奪い発砲。そしてその銃口はリズボンに…彼女を守るためジェーンはハーディー保安官を射殺。レッド・ジョンにつながる情報を失ってしまう。

出典:ワーナー・ブラザース公式サイト

シーズン2の重要回をピックアップ

Amazon PrimeやHuluで全シーズン配信してますので、一気見おすすめです。

【Amazonプライム】30日間無料トライアルあり

【Hulu】2週間無料トライアルあり

  • ★★★:物語の根幹。レッド・ジョンに関する回
  • ★★:直接レッド・ジョンには関係しないが、複数回登場する人物がいる場合
  • ★:レッド・ジョンには関係しないが、個人的に好きな回

第1話 『贖罪』

重要度:★★★

サム・ボスコ初登場

レッド・ジョン捜査に進展

第2話 『緋文字』

重要度:★★

ジェーンと捜査官ボスコの対立

リズボンの過去

第3話 『血塗られたバッジ』

重要度:★★

リズボン回。リズボンの過去や人間関係が明らかに。

レアなリズボンが見れますので、個人的には必見です。

第5話 『赤い恐怖』

重要度:★

リグスビーとヴァンペルトと関係に進展

第6話 『ラメと赤い血』

重要度:★★

レッド・ジョン捜査に進展

第7話 『熱血』

重要度:★★

ジェーンとボスコの共同捜査

レッド・ジョン捜査に進展

第8話 『彼の赤い右腕』

重要度:★★★

レッド・ジョン関連事件

ボスコ死亡

第12話 『血を流すハート』

重要度:★

リグスビーとヴァンペルトの関係に進展

第13話 『レッドライン』

重要度:★★

ウォルター・マッシュバーン初登場

第14話 『ギャングの血』

重要度:★

チョウの過去、人間関係が明らかに

第17話 『赤い箱』

重要度:★★★

マデリーン・ハイタワー初登場

第18話 『赤い水』

重要度:★

リグスビーとヴァンペルトの関係に進展

第20話 『赤い血だまり』

重要度:★★★

ブレット・スタイルス初登場

第22話 『赤いメール』

重要度:★★

クリスティーナ・フライ登場回

第23話 『夜明けの赤い空』

重要度:★★★

レッド・ジョン関連事件

 

コメント