気になる口臭の4つの原因と日常でできる簡単な対策方法

ヘルスケア

清潔志向の高い現代、消臭グッズなんかもたくさん売ってますが、最も気になるのが口臭ではないでしょうか。

かくいう私も最近、寝起きの口臭が気になる…

そこで原因と日常的にできる対策をまとめてみました。

口臭の主な原因4つ

  • ①:口内の衛生環境による臭いの発生
  • ②:ドライマウスによる臭いの発生
  • ③:歯周病、虫歯による臭いの発生
  • ④:呼気による臭いの発生

①:口内の衛生環境による臭いの原因と対策

原因

歯磨きを怠りして、口内を不衛生にしていると、歯や歯茎の隙間に食べカスが残り、それを栄養分として繁殖する細菌が、それらを分解する際に臭気成分を生み出し、口臭がキツくなってしまう原因になります。

また、舌苔と呼ばれる舌の表目に付着している細菌の死骸や食べカスなどの白い汚れが、食べ物の臭い成分を吸着して悪臭を発生させます。

対策

対策はもちろん食後の歯磨きを徹底すること。

自分も歯医者でよく言われたのが、歯と歯茎の間に歯ブラシを当てて磨くこと。縦にしたり横にしてり磨き残しのないようにしましょう。

舌苔のケアも大事です。

舌のケアで気を付けたいのが、歯ブラシで舌をゴシゴシ擦らないこと。

舌の表面は舌乳頭というひだに覆われており、非常に傷つきやすいです。

舌ブラシや毛先に柔らかい歯ブラシなどで優しく舌を磨く。

水で濡らしたガーゼを指に巻き付けて拭き取るなど、ケアするときは注意が必要です。

②で説明しますが、唾液をしっかり分泌させれば、それほど舌をしっかり磨かなくても大丈夫です。

②:ドライマウスによる臭いの原因と対策

原因

睡眠時は唾液の減少によって口内の細菌が繁殖してしまいます。朝起きたときに口臭がキツいのはこれが原因です。

唾液には、口の中の細菌を洗い流したり殺菌する効果があります。

これによって①による細菌の活動て抑えたり、舌苔に付着した細菌を洗い流してくれる重要な役割があります。

では、ドライマウスはどうして起こってしまうのか。

唾液減少の主な原因は口呼吸やストレスが考えられます。

口呼吸をすることで、口内の水分を奪い乾燥させてしまいます。

睡眠時は特に唾液の分泌量は減るので、口呼吸で更に水分を奪てしまうと、寝ている間は極端に唾液が足りていないということになり、強い口臭や風邪の原因になってしまいます。

また過度にストレスや緊張でも唾液の分泌量は減ります。

対策

まず、口呼吸の習慣がある方は、意識して鼻呼吸に変えることをおすすめします。

睡眠時は加湿器等、保湿対策をしましょう。

食事はきちんととりましょう。唾液は食事の際に大量に分泌されます。

食事をとれないときは梅干しやレモンなどノンシュガーのガムなど唾液の分泌を促してくれるものがおすすめです。

適度な水分補給も大事です。特に緑茶は殺菌効果があるカテキンが多く含まれているためおすすめです。

簡単に唾液を分泌される方法として、唾液腺を刺激するマッサージも有効です。

耳の下辺りから顎に沿って首を横に擦るだけで唾液を促すことができます。

③:歯周病、虫歯による臭いの原因と対策

原因

虫歯は食べカスなどによって歯の表面が溶け、そこにさらに食べカスが詰まり発酵し、悪臭を放ちます。歯周病も歯周病菌によって、歯と歯茎の間に細菌を繁殖させ臭いの元になります。怖いのは歯周病が悪化して、歯が抜けてしまったり、歯茎や歯根が膿み、ひどい口臭の原因になります。

対策

虫歯や歯周病は歯磨きやデンタルフロスなどで口内環境に気を配ることで、予防はできますが治療はできません。少しでも虫歯や歯周病の疑いがある場合は、歯医者に行きましょう。

④:呼気による臭いの原因と対策

原因

ニンニクやネギを食べたあとの口臭ってなかなかとれませんよね。

これはニンニクなどに含まれる強い臭いの成分が、他の食事と同様、腸から体内に吸収され血液に入ります。血液にのった臭い成分が肺に、肺から呼気として吐き出されるためです。

また、胃や腸などの内臓の病気や環境によっても口臭に影響があります。

たとえば、胃炎などで本来行われる消化が滞ることで異常発酵し、それが肺に行き届いて口臭の原因になります。

また、便秘などで腸内環境が悪化すれば、悪玉菌の増加による腐敗ガスの発生、それが血液に吸収されて肺に、呼気として排出されます。

胃の不調では腐った卵のような臭いがし、肝臓の不調ではアンモニア臭が口臭として排出されるそうです。

対策

呼気による口臭は歯磨きなどでは防げません。

ニンニクなどの臭いの強いものを食べるときは、事前に牛乳などを飲むとよいとされています。牛乳には腸の壁に膜を張り、臭い成分を吸収しにくくする作用があります。

牛乳が苦手な方や、食べてから時間が経過してしまった場合はどうすればよいか。

適度に運動や、半身浴をして新陳代謝を高め、汗と一緒に臭い成分をより早く体外へと排出するといいです。

また、口臭が硫黄臭い場合や、口内環境を改善しても口臭がとれない場合は、病院で診てもらうことをおすすめします。口臭はカラダのSOSです。

胃炎や、便秘にならないためにはストレスの解消や、運動、禁煙など日常生活に気を配る必要があります。

まとめ

いかがでしょうか。

①②④に関しては、意外と日常的にできる口臭対策は多いです。

特に重要なのが、歯磨き、舌苔、唾液です。

この点に気を配るだけでも口臭はかなり改善されます。

口臭は周りから不快に思われることがあっても、なかなか指摘されることではありません。

今まで気にしていなかった方も、この機会に口臭対策始めてみてはいかがでしょうか。

コメント