縛りなしの格安スマホはどこがお得?割引価格なしで簡潔に比較してみました。

マネー

私事ですが、もうすぐスマホの契約更新月になります。
ということで、格安スマホを検討してみましたというお話です。

今まで最新スマホの割引に心惹かれて大手キャリアに契約していましたが、現在の使用しているのはiPhone8で、個人的に携帯に欲しい機能はほとんど揃っているので、最新スマホを選ぶメリットが少なくなってしまいました。
iPhone8は発売から2年経った機種ですが、スマホの売れ筋としては、まだまだ上位にあります。スマホとしては十分!と私のように感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで格安スマホの選択です!

10月より法改正によって違約金設定が改められ、格安SIMを提供する会社から縛りなしの新プランが続々登場しています。ちょうど契約更新月ということで、色々調べてまとめてみました。同じような方の参考になれば嬉しいです!

格安モバイル料金一覧

2019年10月2日時点

  月額料金 通話オプションなし データ容量 データ繰越 通信速度
ワイモバイル ¥2680 ¥2680(セット) 3G ×

UQモバイル ¥2680 ¥1980 3G
楽天モバイル ¥2980(1年間は¥1980) ¥2980 (セット) 2G(低速1Mbps)
LINEモバイル ¥2570 ¥1690 3G
mineo ¥2360 ¥1510 3G

価格は全て税抜きです。
※ワイモバイル:Sプラン
※UQモバイル:Sプラン+かけ放題
※楽天モバイル:スーパーホウダイSプラン
※LINEモバイル:コミュニケーションフリー3G+音声SIM+10分かけ放題
※mineo:デュアルタイプAプラン3G+10分かけ放題

料金プランは割引などで複雑で、表にまとめると見づらいので、個人的に必要だと思う以下の基準で各社の料金、特徴をピックアップしてみました。

  • データ容量は3G前後
  • 電話番号が持てる音声通話SIM
  • 音声通話のオプション

ワイモバイル

  • PayPayやYahooショッピングを利用する場合は、付与ポイント数アップやYahooプレミアムが無料になったりと、お得な特典が付いてくる。(ワイモバイル
  • 通信速度が速く、混雑しやすい12時台でも速度が安定している。(価格コムマガジン
  • データ通信量の繰り越しが出来ません。
  • 10分間通話無料などの通話オプションが分離ができない。

※期間限定の新規割で6ヶ月間、基本使用料¥700割引
※期間限定で2年間データ通信容量1GB増量が無料(計4GB)

楽天モバイル

  • 月額基本料は¥2980とお高いですが、1年間は¥1480と他と比べて圧倒的にお安いです。
  • データ通信は他と比べると低いですが、2G使い切ったあとも低速モードが最大1Mbps(YouTubeが標準画質で見れる)なのでギガ不足なっても安心。
  • 楽天市場の利用で付与されるポイントがアップ(楽天モバイル
  • 基本料金が高い。
  • ワイモバイル、UQモバイルに比べると通信速度が遅く、混雑時間帯では多少ストレスを感じるかもしれません。
  • 10分間通話無料などの通話オプションが分離ができない。

LINEモバイル

  • インスタ、twitterなどのSNS利用時はデータ通信量が減らない。(LINEモバイル
  • 通話プランがオプションで自由に選択できる。不要ならば付けずに節約することができる。
  • ワイモバイル、UQモバイルに比べると通信速度が遅く、混雑時間帯では多少ストレスを感じるかもしれません。

※期間限定で、5ヶ月間基本使用料が半額

UQモバイル

  • 料金プランがシンプルでわかりやすい。
  • 通話プランがオプションで自由に選択できる。不要ならば付けずに節約することができる。
  • 通信速度が速く、混雑しやすい12時台でも速度が安定している。(価格コムマガジン

mineo

  • 500MBなど幅広いデータ通信量を選ぶことができる。
  • 通話プランがオプションで自由に選択できる。不要ならば付けずに節約することができる。
  • ワイモバイル、UQモバイルに比べると通信速度が遅く、混雑時間帯では多少ストレスを感じるかもしれません。
  • 料金プランがやや複雑。

どれがオススメ?

個人的にワイモバイルかUQモバイルがおすすめです。

通信速度が安定していることは大事ですね。特に混雑しやすい時間は自分も利用する時間なので、肝心な時に通信が遅いとかなり不便です。

ワイモバイルに関しては、PayPayでの還元額アップやYahooプレミアムを無料で利用できるので、それらをよく利用する方は月額以上の価値があります。

UQモバイルに関しては、ワイモバイルとは違い、通話オプションも切り離せるので、ほとんど電話をしない方はこちらの方が¥700安くなる。

コメント